スポンサードリンク

HSP

HSPの方が活躍できる職業は?HSPに向いている仕事とは

HSPの特徴

HSPとは、生まれつき神経が細やかで、視覚や聴覚などの感覚、感受性が非常に強く、敏感な気質を持った人のことを意味します。

一般的に言われている特徴としては4つあり、

  1. 物事を深く考えて考慮する
  2. 刺激を過剰に受ける
  3. 他人の感情などへ対しての共感力が高い
  4. 感覚が鋭く些細なことにも気付きやすい

ということが挙げられます。

刺激に敏感に察知してしまうことから、人間関係などに悩みすぎてしまうことで、人よりストレスや生きづらさを感じる方もいるかと思います。
しかし、これは生まれ持った性格であるため、障がいや病気というわけではなく、実際日本でも多くの人がこれに該当しています。

関連記事HSPにはどのような特徴がある?HSPとは

続きを見る

そんなHSPの方が性格を生かして活躍することができる仕事について紹介していきます。

HSPに向いてる仕事

繊細で敏感な性格を持っているHSPには向いている仕事が多くあります。そのことについて具体的に紹介していきます。

①人の心や体の悩みについて癒す仕事

HSPの特徴の一つである、他人の感情を敏感に察知し共感できるという点では、人の心や体をケアする仕事に向いていると言えます。
具体的には

  • 心理カウンセラー
  • 臨床心理士
  • 看護師
  • 整体師・マッサージ師
  • 鍼灸師
  • エステティシャン
  • セラピストなど

が挙げられます。
これらの仕事では、患者の体調や気持ちの些細な変化にも気づくことが重要となってきます。

その点を踏まえると、人の健康を思いやるような仕事は、HSPに向いている仕事の一つであると考えられます。

②動植物と関係するような仕事

①でも挙げた通り、HSPの方はなにかが変化した時に敏感に感じとることができるという特性から、動物や植物に関わる仕事にも向いていると言えます。
具体的には、

  • 農業・水産業・林業
  • 生花店
  • フラワーコーディネーター
  • 動物園の職員・植物園の職員
  • 獣医
  • トリマー
  • ペットシッターなど

が挙げられます。
これらの仕事では、コミュニケーションが取れない動植物と関わるため、人間よりもより一層繊細な感覚が必要となるでしょう。

その上、人と接する機会が少ないことも、HSPの方にとっては仕事上のストレスを減らすことができると考えられます。

③ものづくりなど創造力が活かされる仕事

HSPの方は、鋭い感性で細かな部分まで気づくことができることから、創造性が活かされるクリエイティブな仕事に向いていると言えます。
具体的には、

  • Webデザイナー
  • Webライター
  • イラストレーター
  • カメラマン
  • 編集者・動画編集者
  • 画家
  • 漫画家・小説家
  • 音楽家など

が挙げられます。
こちらの仕事もあまり人と接する機会がなく、ひとりで黙々と作業を進めることができ、その上、自身の想像力の豊かさも発揮することもできます。

本業とするのは難しいものもありますが、副業として始めてみるのも良いかもしれません

④正確さが求められるような仕事

HSPの方は細かいところまで気がまわるため、正確で丁寧、そして集中力を持って仕事に取り組むことができます。
その点を活かした仕事とは具体的に

  • 事務
  • 経理
  • 自動車整備士
  • 検査・検品
  • 電子部品・電子回路製造業

などが挙げられます。
これらの仕事もひとりで黙々と仕事を進めることができるため、HSPの方のように集中力が高く、正確に仕事ができる人に向いているでしょう。

⑤一人で取り組むことが多い仕事

HSPの方は何かを言われたときに人より傷つきやすい部分があり、人間関係でのストレスで悩むことが多くあるため、人にもよりますが、チーム作業よりは個人で進めていく仕事の方が向いている場合があります。
具体的には、

  • 清掃員
  • 図書館司書
  • 家事代行
  • 学芸員
  • 警備員
  • ドライバーなど

が挙げられます。
一人で黙々と仕事に取り組むことができることは、人間関係上のストレスを軽減してくれるため、HSPの方でも働きやすいと言えます。

その他には、情報技術の分野のように丁寧さと正確さが求められる仕事では、多くのHSPの方が実際に活躍しています。
反対に、臨機応変に対応することが多い仕事や、他者とのかかわりが多い仕事、ノルマや上下関係が厳しい会社、素早い動きを必要とする仕事などに関しては、HSPの方はストレスを感じやすくあまり向いていないことが多いかもしれません。

なにか苦手なことがあれば、無理に挑戦せず、自分の性格に合った雰囲気の職場環境を選ぶことを心掛けるといいでしょう。

まとめ

HSPの方は自分のネガティブな部分ばかり捉えてしまうかもしれませんが、むしろHSPの性格には、高い洞察力があることや、相手を気遣うことについて敏感であることなど、仕事上で強みとなる部分も多くあります。

HSPの中でもそれぞれの性格は様々だと思いますが、自分の性格を理解したうえで自分の長所が活かせるような仕事を見つけましょう!

スポンサードリンク

-HSP

© 2022 misojin blog